【調理時間は20分!?】フランス料理が家庭で作れる絶品スープ!セロリとほろほろビーフのシチュー 

f:id:kumabokuhakuma:20191001140104j:plain

フランスの伝統的なポトフよりも短時間で更に楽なシチュー。しかも美味しい! 

お肉はほろほろ柔らかく、「レストランに行かなくてもいいね」と言えちゃう程美味しい。

材料もメインは牛肉とセロリ

特別な日じゃなくても、日常で作れる程、簡単な料理です。 

 

タイトルに【調理時間は20分!?】とあります。これは、オーブン以外で調理した時間、つまり手作業により時間は20分程です。後は、オーブンが働いてくれるのです。

全ての調理時間は、約2時間30分以内に終わります。オーブン調理が2時間ありますので、それ以外は30分以内で終わります。

 

今回は朝の10時に準備を開始し、12時30分には食事につけるという感じです。しかも、10時30分から12時30までは、ほぼ別の事が出来ます。途中ちょっとだけ作業しますが、簡単です。

 

 

 

f:id:kumabokuhakuma:20191001181058j:plainお肉は、肩ロース固まり肉を使用しました。お好きな部位の固まり肉で大丈夫です。1キロのお肉を使ってませんが、たぶん、700gぐらいだと思います。

1㎏ほどで、6人分ぐらいになります。その時は、もう一回り大きいお鍋を使います。

(オーブンに使える鍋を利用します。)

 

 セロリとビーフのほろほろシチュー

 

【材料】

1kg  骨なしの牛肉

大匙3 オリーブオイル(炒め用)2回分

1個 玉ねぎ 粗目のみじん切り

2個 にんにく 粗目のみじん切り

1個 チキンコンソメ(固形)+ 350mlの水

2本 セロリ 茎の部分は大きめにカット

       葉っぱが付いている細い茎からは2.5㎝ほどに切る

塩・黒コショウ

 

【作り方】

セロリは太い茎のところは大きく切る。

f:id:kumabokuhakuma:20191001180451j:plain

塊の牛肉・セロリ・にんにく・玉ねぎ・コンソメを加えた水

f:id:kumabokuhakuma:20191001180529j:plain

調理を始めます。オーブンに使用できる鍋に、オリーブオイル半分を加え、お肉の表面が焦げ茶色になるまで焼きます。(油がバチバチ飛んできます)焼けた表面に、塩・胡椒を振りかけます。

一旦鍋から取り出し、お皿などに出します。

f:id:kumabokuhakuma:20191001180548j:plain

次に玉ねぎとにんにくを炒めます。油はそのまま鍋に出ていますので、そのまま玉ねぎとにんにくを入れます。鍋が焦げ付いてても大丈夫です。玉ねぎが茶色く色づくくらいまで炒めます。(このあたりで、オーブンを180℃の予熱し 90分の設定をします。)

f:id:kumabokuhakuma:20191001180605j:plain

お肉をお鍋に戻します

f:id:kumabokuhakuma:20191001180621j:plain

コンソメを加えたお水を入れます。

f:id:kumabokuhakuma:20191001180635j:plain

沸騰するまで。沸騰したらアクはとらずにそのままをして、180℃の1時間30分オーブンで焼きます。

f:id:kumabokuhakuma:20191001180711j:plain


オーブンで焼いている間に、セロリを炒めます。フライパンに残り半分のオリーブオイルを加え、セロリを軽く焼き色付くぐらい炒めます。そして、塩・胡椒をする。

f:id:kumabokuhakuma:20191001180851j:plain

1時間30分後、オーブン(ロースト)が終わります。オーブンから取り出し、セロリを鍋に入れます。(鍋は半端なく熱いので気を付けてください。)

この焦げすごくおいしそうです。セロリを加えたこの後、蓋をして再びオーブン180℃で30分焼きます。

f:id:kumabokuhakuma:20191001180907j:plain

30分後。出来上がりです。

f:id:kumabokuhakuma:20191001180926j:plain

この焦げが旨味に思える。というのも、フランス料理でシチューを作る際にお肉を焼いた焦げをそのままソースの旨味にします。

オーブンでもすごく柔らかくなります。

ぜひ、オーブンを利用して時間を有効に使いつつ、美味しい料理を作る。

f:id:kumabokuhakuma:20191001180944j:plain

とても柔らかくスープの旨味も交じりっけないクリアな美味しさがあります。

 

f:id:kumabokuhakuma:20191001181041j:plain

このシチューともちろん、「ごはん」でも合います。

フランス風で行くなら、パンやマッシュポテトで頂きます。

今回は、「ごはん」で頂きました。 

 

週末やお友達・家族と美味しいフランスの料理をご家庭で楽しんでください。

フランスパンと一緒に頂くのもすごくいいです。

チーズやワインもおススメです。

f:id:kumabokuhakuma:20191001181003j:plain